インターネットバンキング 個人のお客さま専用
ログイン
初回利用登録
初回ログインでお困りの
お客さまへ
体験版
お申込み方法
サービス内容・ご利用時間
手数料
オンラインマニュアル
ご利用環境
サービス規定
セキュリティ
よくあるご質問
資料請求
セキュリティ対策に!
ワンタイムパスワード
 1分間ごとに更新される「使い捨てパスワード」により、高いセキュリティを実現!
取引通知メール
 取引通知メール
 取引に応じて取引内容を
メールでお知らせ!

来店不要!インターネット支店

店舗・ATMのご案内
手数料一覧
金利情報
各種お手続きのご案内
全ての商品・サービス一覧
金融犯罪にご用心!
個人のお客さま > インターネットバンキング > 【重要】インターネットバンキングを安全にご利用いただくために(平成29年5月15日更新)

東京都民銀行インターネットバンキング

インターネットバンキングトップへ戻る

【重要】インターネットバンキングを安全にご利用いただくために(平成29年5月15日更新)

平成29年5月15日

お客さまのパソコンをコンピュータウィルスに感染させたり、偽画面等を表示させる手口により、インターネットバンキングのIDやパスワード等を不正に盗み取り、本人の知らないうちに預金口座から不正送金される被害が全国で発生しています。
被害を未然に防ぐために、インターネットバンキングをご利用中のすべてのお客さまにおかれましては、必ず以下のセキュリティ対策を実施いただきますようお願いいたします。

  • 個人東京都民銀行インターネットバンキングをご利用のお客さまの対策
  • 法人東京都民銀行ビジネスダイレクトをご利用のお客さまの対策
不審な画面にご注意ください!個人・法人
インターネットバンキングにログイン後に、パスワード等のお客さま情報を入力させようとする不審なポップアップ画面が表示される事例が報告されています。
当行ではログイン後にポップアップ画面を表示して、再度IDやパスワード等の入力をお願いすることはありません。万一このような不審な画面が表示された場合は、絶対にID・パスワード等を入力せず、ただちに利用を停止し、速やかに当行までご連絡ください。
パソコン・スマートフォンやクラウドサービス等への
パスワード等の保存はお控えください!個人・法人
ウィルス等によりパソコン・スマートフォン・クラウドサービスに保存したIDやパスワード等が窃取され、不正に利用される事例が発生しています。ID・パスワード等をお客さまのパソコン(メモ帳・ワードやエクセルファイル・電子メール・写真に撮り保存等)・スマートフォン(メモ帳・電子メール・写真に取り保存等)・クラウドサービス(インターネット上のデータ保管)に絶対に保存しないでください。
また、パスワードには他人に類推されやすい数字や文字列(生年月日・住所・電話番号)、他のサービスと共通のパスワードのご使用は避け、定期的(毎月)な変更を行うとともに、絶対に第三者に教えないでください。
ウィルス対策ソフトを必ずご利用ください!個人・法人
市販のウィルス対策ソフトを必ず導入いただき、常に最新の状態に更新のうえ、定期的にウィルススキャンおよび駆除を実施してください。
また、当行ではインターネットバンキングをご利用いただく際の安全対策として不正送金・フィッシング対策ソフト「PhishWall(フィッシュウォール)プレミアム」(無料)を提供しています。市販のウィルス対策ソフトと併せて必ずご利用ください。
パソコンのOS・ブラウザ・ソフトウェアは更新してご利用ください!個人・法人
ウイルスは、パソコンの基本ソフト(OS)やインストールされている各ソフトウェアの脆弱な部分を狙って侵入します。OS・ブラウザ・各種ソフトウェアは、常に最新の状態に更新してご利用ください。
また、メーカーのサポート期限が経過したOSやブラウザ、各種ソフトウェアは使用しないでください。
不審なメールにご注意ください!個人・法人
銀行や企業からのお知らせを装った不審なメールが、不特定多数の方に配信されていることが確認されています。メールにはウィルスに感染させるファイルが添付されていたり、悪質なサイトへ誘導するリンクが記載されています。不審なメールを受信した場合には、絶対に開封せず削除してください。
ワンタイムパスワード(無料)をご利用ください!個人
ワンタイムパスワードは、一度だけ有効な使い捨てのパスワードで、60秒ごとに更新されるため、仮に第三者にワンタイムパスワードが詐取されてしまった場合でも、再利用できないことから、不正送金被害等に遭うリスクの低減が図れます。より安全性の高い認証方式ですので、せひご利用ください。
詳しくはこちらをご覧ください。
電子証明書をご利用ください!法人
インターネットバンキングに使用するパソコンに電子証明書を格納することで、使用できるパソコンが特定されるため、第三者による不正使用のリスクが軽減され、セキュリティの強化が図れます。
なお、当行が指定した正規の手順以外で電子証明書をご利用にならないでください。
電子証明書の詳細はこちらをご覧ください。
電子証明書をご利用になるには
振込・料金払込の限度額は必要最小額に設定してください!個人・法人
振込や料金払込(ペイジー)の限度額は、必要最小限の金額に設定してください。
なお、これらサービスをご利用にならない場合は、限度額を0円に設定することをおすすめします。
身に覚えのないログインがないか定期的にご確認ください!個人・法人
ログイン後に表示される「ログイン履歴」「ご利用履歴」を必ずご確認ください。「最近3回のログイン日時」(スマートフォンからログインした場合は「前回ログイン日時」)が表示されますので、身に覚えのないログインがないかご利用の都度ご確認ください。万一、身に覚えのないログインを発見した場合は、速やかに当行までご連絡ください。
取引通知メールを必ずご確認ください!個人・法人
取引時に送信される「取引通知メール」を必ずご確認ください。万一、身に覚えのない取引の通知を受け取った場合には、速やかに当行にご連絡ください。
身に覚えのない取引の早期発見のため、いつでも確認できるスマートフォン・携帯電話のメールアドレスをご登録ください。なお、メールアドレス登録先にはフリーメールアドレスを登録することは避けてください。
使用時以外には電源をOFFに!個人・法人
インターネットバンキングにログインするパソコンは、外部から操作されないよう、未使用時は電源をOFFにするとともに、無線LANを切断するなど、ネットワークから遮断することをおすすめします。
パソコンは利用目的を限定してください!個人・法人
インターネットバンキングにログインするパソコンは、利用目的を限定することをおすすめします。不審なウェブサイトや不審なメールの閲覧に使用しないようにしてください。

当行では、インターネットバンキングをお客さまに安心してご利用いただくため、様々なセキュリティ対策を講じております。

お問い合わせ・ご質問はこちら

個人のお客さま > インターネットバンキング > 【重要】インターネットバンキングを安全にご利用いただくために(平成29年5月15日更新) このページのTOPへ