インターネットバンキング 個人のお客さま専用
体験版 ご案内
ログイン
初回利用登録
金融機関コード:0137
店舗・ATMのご案内
口座をひらく
ためる・ふやす
円預金(定期預金)
投資信託
外貨預金
国債等公共債
かりる
将来にそなえる
その他サービス
全ての商品・サービス一覧
投資信託基準価額
手数料一覧
金利情報
各種お手続きのご案内
資料のご請求
よくあるご質問
インターネット住宅ローン相談受付
来店不要!インターネット支店
給料日前にお給料! 前給
東京都民銀行ステータス・ライフ・クラブ
投資信託ロボットアドバイザー「ポートスター」
個人のお客さま > ためる・ふやす > 投資信託 > 運用上手あわせてハッピー<投信>
ためる・ふやす ためる・ふやす
投資信託
投資信託商品一覧へ戻る

運用上手あわせてハッピー <投信>


商品説明 資料請求 お申し込み方法
運用上手あわせてハッピー(投資信託版)取扱期間:平成29年4月3日(月)〜平成29年9月29日(金)
期間中に円定期預金と投資信託の合算で100万円以上を同時にお申込みいただくと、円定期預金に下記の金利を適用します。下記の金利は当初3ヵ月のみの適用となり、ご継続後は満期時点の3ヵ月ものの対象定期預金の店頭表示利率となります。円定期預金はお申込み総額の50%以内とします。 円定期預金50%以内 外貨定期預金50%以上
お申込み金額のうち、投資信託に50%以上、残額を円定期預金にお預入れいただきます。

※投資信託には、ご購入時等に各種手数料がかかります。
申込手数料(申込金額の最大3.78%)+運用管理費用(信託報酬)(純資産総額に対し最大年率2.376%程度)+信託財産留保額(換金時の基準価額の最大0.5%)
詳細は各商品の投資信託説明書(交付目論見書)および一体となっている目論見書補完書面でご確認ください。また、受取金額が投資元本を割り込むリスクがあります。

円定期預金50万円
投資信託50万円
合計100万円

当行で初めて投資信託を50万円以上ご購入いただいたお客さま(※)
3ヵ月もの円定期預金初回適用金利 年3.0%(税引後年2.390%)
※購入金額には、購入時手数料と消費税を含みます。

すでに投資信託口座をご利用のお客さま
3ヵ月もの円定期預金初回適用金利 年1.0%(税引後年0.796%)

運用例
50万円を円定期預金(3ヵ月)にお預入れの場合の3ヵ月間のお利息は、以下の通りです。

年3.0%の場合
税引前 50万円×年3.0%×91日÷365日=3,739円
税引後 3,739円-758円(税金)=2,981円
年1.0%の場合
税引前 50万円×年1.0%×91日÷365日=1,246円
税引後 1,246円-252円(税金)=994円

実際のお受取り利息は預入日数により異なりますので、あらかじめご了承ください。

当行で年金をお受取り(受給)されているお客さま(※)限定!
3ヵ月もの円定期預金初回適用金利年2.0%(税引後年1.593%)
(※)当行で年金をお受取り(受給)されているお客さま
下記(1)〜(3)に該当するお客さま
(1) 公的年金の受取金融機関を東京都民銀行に新たにご変更(「年金受給権者住所・支払機関変更届」等を提示)いただいた方
運用例
税引前 50万円×年2.0%×91日÷365日=2,493円
税引後 2,493円−505円(税金)=1,988円
実際のお受取り利息は預入日数により異なりますので、あらかじめご了承ください。
(2) 公的年金を東京都民銀行でお受取りいただいている方
(本商品の利用期間中、当行にて継続して年金を受取っていることが条件となります。)
(3) 制度上、公的年金受給資格を持たない満60歳以上の在日外国人の方
外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書または記載事項証明書、運転免許証のいずれかをご提示いただきます。
お取扱店舗はお一人さま1ヵ店のみとさせていただきます。
※(1)(2)の場合
対象となる年金は、国民年金・厚生年金・共済年金のいずれかとなります。
国民年金基金、厚生年金基金、個人年金(保険商品、財形年金等)等は対象外とさせていただきます。
対象となる年金の振込指定口座がある営業店(1ヵ店のみ)でご利用いただけます。
上記金利は、預入期間中、上記「東京都民銀行で年金をお受取りいただいているお客さま」の条件を満たさなくなった場合、預入時点の「スーパー定期」、「スーパー定期300」、「大口定期預金」の店頭表示利率を預入時より満期日まで適用します。
上記の金利は当初3ヵ月のみの適用となります。満期後は、継続時点の店頭表示利率を適用します。平成29年3月13日現在、スーパー定期・スーパー定期300の3ヵ月ものの店頭表示利率は年0.010%(税引後年0.007%)、大口定期預金の3ヵ月ものの店頭表示利率は、年0.010%(税引後年0.007%)です。初回満期日前に中途解約された場合、上記の金利は適用されません。税引後の利率は復興特別所得税を加味(国税15.315%、地方税5%)しており、小数点第4位以下を切捨てて表示しています。最新の店頭表示利率はこちらをご覧ください。

運用上手あわせてハッピー(円定期預金)に関してのご注意事項
初回適用金利は、初回満期日まで適用します。
満期日前に解約する場合は、初回適用金利は適用されず、お預入れ日から解約日までの日数に対して当行所定の中途解約利率により計算した利息とともに払い戻します。自動継続後の定期預金(店頭表示利率)を中途解約する場合も同様のお取扱いとなります。預入期間や約定利率によっては、中途解約利率が0%となる場合があります。
満期日までに継続を停止する申し出がない場合には、満期日に当初預入時と同じ預入期間で、自動的に書替継続(自動継続)します。自動継続の場合、継続後は初回適用金利は適用されず、「自由金利型定期預金(M型)」(スーパー定期、スーパー定期300)または「自由金利型定期預金」(大口定期預金)の3ヵ月ものの店頭表示利率にて自動的に継続します。
自動継続を停止した場合、満期日以後の利息は解約日または書替継続日における普通預金利率により計算します。
新規口座開設の際は、ご本人確認書類(健康保険証・運転免許証等)と印鑑が必要になります。
預金保険制度の対象となります。(お一人さまあたり、全額保護の対象預金以外の預金合計で元本1千万円までとその利息が保護されます)預金保険制度について詳しくは窓口までお問い合わせください。
金利情勢によって、取扱期間中に初回適用金利を見直すことがあります。既にお預入れいただいている定期預金の金利は見直しの対象となりません。
詳しくは、店頭窓口に商品概要説明書をご用意しております。

投資信託に関してのご注意
投資信託には、投資信託の投資対象として組み込まれた有価証券に下記に記載したようなリスクがあるために、投資信託の基準価額が下落して、お受取り金額が投資した元本を割り込むおそれがあります。
投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。
投資信託は元本が保証されている商品ではありません。
銀行で取扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
当行は投資信託の販売会社です。投資信託の設定・運用は運用会社が行います。
投資信託の運用による損益は、投資信託を購入されたお客さまに帰属します。
投資信託には各商品によって購入や換金が出来る期間の制限等がありますので、ご注意ください。
投資信託にはクーリングオフの適用はありません。
運用成績によっては、分配金をお受取りになれないこともあります。
一般的に、投資信託は、一定の水準よりも純資産残高が少なくなった場合、繰上償還となる旨を定めています。
お申込みの際は店頭にご用意しております最新の投資信託説明書(交付目論見書)および一体となっている目論見書補完書面を必ずご覧いただき、内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
対象ファンドについては、下記をご覧ください。
商品内容
「運用上手あわせてハッピー」の商品概要説明書をお受取りになる場合は、円定期預金の商品概要説明書と投資信託説明書(交付目論見書)および一体となっている目論見書補完書面を必ずお受取りください。

平成29年4月3日現在





対象定期預金 預入金額に対応した下記のいずれかの商品になります。
「自由金利型定期預金(M型) (スーパー定期スーパー定期300)」、「自由金利型定期預金(大口定期預金)」
預入期間 3ヵ月(定型方式) ※原則として自動継続とさせていただきます。
※詳しくは、窓口に商品概要説明書をご用意しております。




対象ファンド
(平成29年
4月3日現在)
当行でお取扱いしている追加型株式投資信託(※ただし、「インターネットバンキング投資信託」で購入された場合は対象外となります)からお選びください。対象ファンドの詳細につきましては、店頭窓口にお問い合わせください。なお、期間中に「運用上手あわせてハッピー」の対象ファンドを変更する場合があります。
公社債投資信託は対象となりませんので、ご注意ください。
投資信託は、お申込み時に購入時手数料(申込金額の最大3.78%)、運用期間中に運用管理費用(信託報酬)(純資産総額に対し最大年率2.376%)、換金時に信託財産留保額(換金時の基準価額の最大0.5%)がかかります。また、その他の費用として、信託事務の諸費用、投資信託における株式の売買委託手数料、ファンドに係る監査費用がかかります。お客さまにご負担いただく費用の総額は、ファンドを保有される期間に応じて異なりますので記載することができません。
※上記手数料は、今後変更になる場合があります。
投資信託には下記のようなリスクがございます。
価格変動リスク 投資信託は値動きのある資産に投資するので、運用の成果によって基準価額が変動し、投資元本を割り込むことがあります。一般に株価は、発行企業の業績や政治・経済情勢、市場の需給等を反映して変動します。債券の価格は、金利の水準の変化に応じて変動し、一般に金利が上昇すると価格が下落します。不動産の価格は一般に、政治・経済情勢、市場の需給等が悪化すると下落します。
為替変動リスク 外貨建て資産に投資する投資信託は一般に、申込時よりも円高になると為替差損、円安になると為替差益が生じます。為替差損が生じた場合には、基準価額が下落し、投資元本を割り込むことがあります。為替相場は、投資をしている国の政治・経済情勢、通貨規制、資本規制等の要因による影響を受けて変動します。なお、為替ヘッジをかける場合、円金利がヘッジ対象通貨建ての金利より低ければ、当該通貨と円の金利差相当分のヘッジコストがかかります。
信用リスク 株式を発行する企業が破綻して、株価が下落または価値がなくなることや、公社債を発行する企業や国などの財務が悪化し、利息や償還金の支払が滞り、公社債の価格が下落または価値がなくなることを指します。また、債務超過などによって上場廃止になれば、価格が大きく下落する可能性があります。
流動性リスク 規模や取引量が小さい市場で、投資対象となる資産を売却した場合、期待される価格よりも高い価格で買い、安い価格で売らなければならないことがあります。これによって、基準価額が下落し、投資元本を割り込むことがあります。
カントリーリスク 投資対象国の政治・経済情勢の悪化や国際情勢の変化などを背景に、資産が上場している市場に混乱が生じ、市場の実勢とかけ離れた価格で資産が取引されることです。これによって、海外の資産に投資する投資信託の基準価額が下落し、投資元本を割り込むことがあります。
各ファンドの詳しい商品内容については、店頭にご用意しております投資信託説明書(交付目論見書)および一体となっている目論見書補完書面をご覧ください。
『運用上手あわせてハッピー』の商品概要説明書をお受取りになる場合は、円定期預金の商品概要説明書と投資信託説明書(交付目論見書)および一体となっている目論見書補完書面をあわせてお受取りください。

くわしくは商品概要説明書をご覧ください。
『「運用上手あわせてハッピー」(投資信託版)』商品概要説明書    [PDF版 310KB]
『スーパー定期<単利型>』商品概要説明書    [PDF版 122KB]
『スーパー定期300<単利型>』商品概要説明書    [PDF版 123KB]
『大口定期預金』商品概要説明書    [PDF版 119KB]
PDFファイルをご覧いただくためには、下記のソフトウェアが必要です。
お持ちでない方は、下記をクリックしますと無料でインストールできます。
Get Adobe Reader

商品に関するお問い合わせ・ご質問はこちら
個人のお客さま > ためる・ふやす > 投資信託 > 運用上手あわせてハッピー<投信> このページのTOPへ