東京都民銀行ビジネスダイレクト
体験版 ご案内
ログイン
初回利用登録
外為インターネットバンキング
体験版 ご案内
ログイン
資金調達
資金運用
貿易取引・海外進出支援
経営・事業支援
業務効率化
福利厚生
給料日前にお給料! 前給
東京都民銀行ステータス・クラブ
全ての商品・サービス一覧
金融機関コード:0137
店舗・ATMのご案内
パソコンダウンロード
サービス
コミュニケーション広場
都内企業の景況感
最近の都内経済情報
手数料一覧
金利情報
各種お手続きのご案内
よくあるご質問

法人のお客さま > 外為インターネットサービス > 重要なお知らせ
外為インターネットサービス

外為インターネットサービスにおける動作確認対象OS、ブラウザについて

重要なお知らせ
北朝鮮に対する制裁措置について
平成18年10月より、「外国為替及び外国貿易法」に基づく北朝鮮に係る制裁措置が講じられ、金融機関はこの制裁措置に対する確認義務が課せられております。
国内向外貨建送金について
海外市場が休場の場合は、当該国通貨建て国内送金は、当日着金しません。(海外市場休日一覧)
本サービスご利用にあたっては、以下の「承諾事項」をご確認ください。
「承諾事項」の内容にご承諾いただける場合は「外為インターネットサービスへログイン」ボタンをクリックしてください。
承諾事項
○外国送金サービスをご利用のお客さまへ
送金目的を具体的にご入力ください。(輸入の場合は商品名を必ず入力してください。)
送金理由欄に具体的な目的が入力されていないものや、輸入及び仲介貿易取引の決済代金の場合で、「具体的な商品名」の入力のないお申込みにつきましては、当行より内容確認の連絡をさせていただきます。
輸入及び仲介貿易取引の外国送金をお申込の場合は、「金融機関への連絡事項」欄に原産地及び船積地をご入力ください。また、仲介貿易取引の場合は併せて仕向地もご入力ください。
《入力例》原産地→「ORG:CHINA」、船積地→「POL:DALIAN」(仕向地→「POD:LOS ANGELES」)
北朝鮮に隣接する「中国」「韓国」「ロシア」向けの場合は、船積地として船積港の属する都市名をご入力ください。
なお、「中国」「韓国」「ロシア」向けの外国送金で送金目的が海産物の輸入の場合、及び北朝鮮国境付近の都市【「丹東(Dandong)」「延吉(Yanji)」「琿春(Hunchun)」の3都市】からの輸入の場合については、当行にて原産地及び船積地の確認をさせていただきますので、大変お手数ですが、送金指定日までにインボイス、船荷証券、原産地証明、売買契約書、輸入許可書等の送金理由、原産地、船積地が確認できる資料を弊行外為営業部外為事務グループ営業店チーム宛ファックスにてご送付ください。ご送付いただく資料の余白には、お手数ですが外為インターネットサービスの受付番号(OMTから始まる17桁の番号)をご記入いただきますようお願いいたします。(FAX番号03-3589-4581)
 
国内向外貨建送金で送金指定日当日が、当該通貨海外市場の休日にあたる場合は、指定日当日に着金しません。

※ご不明な点につきましては、お取引店へお問い合わせください。
お近くの東京都民銀行を探す
外為インターネットサービスへログイン
外為インターネットサービスをご利用のお客さまは、ぜひ「PhishWallプレミアム」をお使いください!
お問い合せ・ご質問はこちら
法人のお客さま > 外為インターネットサービス > 重要なお知らせ このページのTOPへ