東京都民銀行ビジネスダイレクト
体験版 ご案内
ログイン
初回利用登録
外為インターネットバンキング
体験版 ご案内
ログイン
資金調達
資金運用
貿易取引・海外進出支援
経営・事業支援
業務効率化
福利厚生
給料日前にお給料! 前給
東京都民銀行ステータス・クラブ
全ての商品・サービス一覧
金融機関コード:0137
店舗・ATMのご案内
パソコンダウンロード
サービス
コミュニケーション広場
都内企業の景況感
最近の都内経済情報
手数料一覧
金利情報
各種お手続きのご案内
よくあるご質問

法人のお客さま > よくあるご質問 > 外国為替
よくあるご質問 よくあるご質問トップへ戻る
外貨預金 外国為替投資信託金利情報一覧東京都民銀行ビジネスダイレクト
ATM・CD各種お手続きのご案内手数料一覧

外国為替

 Q1. 外貨(現金)に両替するにはどうしたらいいの?
 Q2. 外貨両替には金額の制限はあるの?
 Q3. 外貨(米ドル現金)を使い残してきたら、どうしたらいいの?
 Q4. 海外にお金を送るときはどうしたらいいの?
 Q5. 海外にお金を送るときに通貨は何にしたらいいの?
 Q6. 海外にお金を送る時には制限があるの?
Q 外貨(現金)に両替するにはどうしたらいいの?
A 外国通貨売却依頼書兼記入帳に必要事項をご記入下さい。
現在のお取扱通貨は米ドル紙幣のみとなっております。
各紙幣を組み合わせたパック売りとバラ売りをお取扱しております。
お取扱い時間は午前10時以降となります。
  このページのTOPへ
Q 外貨両替には金額の制限はあるの?
A 本人確認がお済みでないお客さまが200万円を超えるご両替を行う場合は、運転免許証等により本人確認をさせて頂きます。
  このページのTOPへ
Q 外貨(米ドル現金)を使い残してきたら、どうしたらいいの?
A 円現金にご両替されるか、外貨預金に預入する、外貨現金のままお持ちいただき、次回のご旅行等にご利用いただくことも可能です。
米ドル現金を米ドル建外貨預金に入金する場合には、下記の手数料がかかります。
米ドル現金を米ドル建外貨預金に入金する場合の手数料:1円
  このページのTOPへ
Q 海外にお金を送るときはどうしたらいいの?
A 東京都民銀行の外国送金は次の方法により送金いたします。

電信送金: 海外のお受取人の取引銀行へ電信で送金します。高額の送金や至急を要する場合に利用します。
送金小切手: 当行が作成した小切手をお客様が直接受取人に郵送していただきます。

外国送金には外国送金依頼書を使用し、お手持ちの預金口座からの振替え、もしくは現金にて送金します。ご送金内容・金額によっては外国為替及び外国貿易法により支払又は支払の受領に関する報告書の必要書類を提出していただきます。

お取扱にあたっては当行所定の手数料をいただきます。
また、2009年6月25日現在、法人又は個人事業主の方を対象に、外為インターネットサービスの取扱を行っています。
当行ホームページでもご案内しています。
  このページのTOPへ
Q 海外にお金を送るときに通貨は何にしたらいいの?
A 通常は送金する国(または地域)の通貨を送金します。
(例えばイギリスには英ポンド、フランスやドイツにはユーロ、米国には米ドル)
  このページのTOPへ
Q 海外にお金を送る時には制限があるの?
A 現金にて国外送金をされる際にはご本人確認のため、氏名・名称及び住所などを記載した告知書を窓口に提出する必要があります。
告知書を提出する場合には、原則として、運転免許証や国税・地方税の領収書を窓口に提示していただきます。
3000万円を超える海外送金を行う場合には、貿易の決済以外は、支払又は支払の受領に関する報告書の提出が必要となります。
  このページのTOPへ
法人のお客さま > よくあるご質問 > 外国為替 このページのTOPへ