東京都民銀行ビジネスダイレクト
体験版 ご案内
ログイン
初回利用登録
外為インターネットサービスは上の「ログイン」ボタンよりログインください
お問い合わせ先一覧
資金調達
資金運用
貿易取引・海外進出支援
経営・事業支援
業務効率化
福利厚生
給料日前にお給料! 前給
東京都民銀行ステータス・ライフ・クラブ
全ての商品・サービス一覧
金融機関コード:0137
店舗・ATMのご案内
コミュニケーション広場
都内企業の景況感
最近の都内経済情報
手数料一覧
金利情報
各種お手続きのご案内
よくあるご質問

法人のお客さま > よくあるご質問 > 外貨預金
よくあるご質問 よくあるご質問トップへ戻る
外貨預金を始めるにあたって
外貨預金 外国為替投資信託金利情報一覧東京都民銀行ビジネスダイレクト
ATM・CD各種お手続きのご案内手数料一覧

外貨預金

 Q1.「東京都民外貨定期預金」ってどんな内容なの?
 Q2. 外貨預金の特徴ってなに?
 Q3. 為替変動リスクって?
 Q4. 円高と円安ってどういうこと?
 Q5. 外貨預金にも税金がかかるの?
Q 「東京都民外貨定期預金」ってどんな内容なの?
A 原則、米ドル又はユーロ、英ポンド、オーストラリアドルでご利用いただけます。(その他の通貨については窓口までお問い合わせください。)
お預入れ金額
お預入れは、1,000ドル以上、1,000ユーロ以上、10,000ポンド以上、1,000オーストラリアドル以上。
お預入れ期間
・ 米ドルの場合 1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年
・ ユーロの場合 1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月
・ 英ポンドの場合 1ヵ月
・ オーストラリアドルの場合 1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月
利率
当行所定の利率を適用し、お預入れ時の利率は満期日まで変わりません。
中途解約
原則として満期日前の解約はお取扱いできません。ただし、当行がやむを得ないと判断し、中途解約される場合は、解約日における当行の同一通貨建外貨普通預金の利率と市場実勢を勘案した為替相場が適用されます。
なお、英ポンド建東京都民外貨定期預金の場合には、理由の如何に拘わらず、満期日前の解約はお取扱い出来ません。
マル優
適用外となっております。
預金保険
対象外となっております。
お利息の計算方法
付利単位は1通貨単位(米ドルの場合、1ドル)とし、1年を365日とする日割り計算とします。
  このページのTOPへ
Q 外貨預金の特徴ってなに?
A 為替の変動によるリスクがあります。
原則、お預け入れ時にはTTSレート、お引き出し時にはTTBレートが適用されますので、為替相場に変動がなくても、お客様に1ドルにつき2円(米ドルの場合)のご負担が生じます。
米ドルの場合、お引き出し時の為替相場がお預け入れ時と比べ2円を超える円安になれば、金利のほか為替差益も受けられますが、そうでない場合は元本割れの可能性があります。 

為替予約のお取扱もできます。お預け入れ後、為替予約を締結することにより、満期日の受取円貨額を事前に確定することができます。
  このページのTOPへ
Q 為替変動リスクって?
A  外国為替相場は日々刻々と変動しています。この為替相場の変動が外貨建の資産の価値に影響を与えるため、これを為替変動リスクと呼びます。
外貨預金の場合、満期払出時の相場が作成時より円安となっていれば高利回り(手取額が増える)が期待できますが、反対に円高となった場合は元本割れ(手取額が減る)の可能性があります。
  このページのTOPへ
Q 円高と円安ってどういうこと?
A 円高とは他国通貨に対して「円の価値」が上昇することで、反対に円安とは他国通貨に対して「円の価値」が下落することです。
昨日1ドル紙幣を115円で買うことができたのに、今日105円で買うことができるのが円高、125円必要となることを円安といいます。
  このページのTOPへ
Q 外貨預金にも税金がかかるの?
A 個人の方
・ お利息については「利子所得」として20.315%(国税15.315%、地方税5%)の源泉分離課税が適用されます。
・ 為替差益については、雑所得となり確定申告による総合課税対象となります。
ただし年収2,000万円以下の給与所得者で、差益を含め給与以外の所得が年20万円以下であれば申告は不要です。
為替差損は、他に雑所得がある場合、雑所得の範囲内に限り差引計算ができます。
法人の方
・ お利息は、総合課税されます。
・ 為替差損益については、営業外収益費用に計上するのが一般的ですが、金額が大きく特殊性があれば、特別損益として処理されます。
  このページのTOPへ

外貨預金については以下の点にご注意ください。
外貨預金には外国為替相場による為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受取りの外貨元利金を円換算すると、当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
円を外貨にする際(預入時)および外貨を円にする際(払戻時)は、手数料(例えば、1米ドルあたり1円、1ユーロあたり1円50銭、1豪ドルあたり2円、1英ポンドあたり4円、その他通貨では1通貨あたり最大2円)がかかります。(お預け入れおよび払い戻しの際は、手数料を含んだ為替相場である当行所定のTTSレート(預入時)、TTBレート(払戻時)をそれぞれ適用します。)
したがって、為替相場の変動がない場合でも、往復の為替手数料(例えば、1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1豪ドルあたり4円、1英ポンドあたり8円、その他通貨では1通貨あたり最大4円)がかかるため、お受取りの外貨の円換算額が当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
外貨預金は預金保険の対象ではありません。
外貨現金または旅行小切手によるお預け入れ、外貨現金によるお引き出しの場合には、所定の手数料を申し受けます。なお、お預け入れ・払い戻し方法や通貨により手数料等が異なるため、手数料等の金額や上限額または計算方法をあらかじめお示しすることはできません。くわしくは、契約締結前交付書面の「外為手数料一覧」(外貨預金関係)をご覧下さい。
外貨預金の利息や為替差益には税金がかかります。
為替相場が急激に変動した場合には、取扱を中断することがあります。
外貨預金のお申込みの際には、契約締結前交付書面および商品概要説明書をご覧ください。
株式会社 東京都民銀行
このページのTOPへ
法人のお客さま > よくあるご質問 > 外貨預金 このページのTOPへ